表現モジュール

音量光量変換モジュール

音量をLEDの明るさに連動させることのできるモジュールです。
ロボットの目等に使用すると効果的です。
入力はオーディオケーブルのミニピンプラグを利用します。

【電源電圧】12V
→推奨12V、入力範囲は6 ~ 15V(電圧が低いとLEDが明るく光らない可能性あり)
【入力】3.5mmステレオジャック
→ジャック後ろのジャンパーピンにより、利用する信号(L/R)を選択可能
【最大出力電流】約0.1A (電圧12Vの場合)
→使用する部品や機器、外部環境によって変化することがあります
【その他】オーダーに応じて(入力電圧、増幅率など)カスタマイズ可能です

LED感性表現モジュール

RGBのLEDを用い、色と点滅パターンでロボットの感情を表現できるモジュールです。
インタロボットの推奨するパターンがあらかじめプリセットされており、I2C通信により制御でき様々なロボットに簡単に導入可能です。

基本スペックはArduino Pro Miniに準拠。5V版と3.3V版両方に対応。
【電源電圧】推奨7~12V
【動作クロック】8MHz(3.3V)、16MHz(5V)
【通信規格】I2C、またはRS-232C
【LED】フルカラーRGB(カソードコモン)LED